のびいろのプロフィールと本ブログであなたにお伝えしたいこと

この記事では「運営者である私のプロフィール」と「このブログは何を伝えているものか?」をお伝えします!

「これはスポーツカードコレクターの為のブログです!!」

2016年頃、僕のInstagramのアカウントにもらった野球選手のサインカードを投稿しはじめ、今ではフォロワーさんが1000人を超えました。

 


フォロワーさんの多くが外国の方ですが、Twitterでは日本人トレーディングカード愛好家の方と繋がり、意見交換やつぶやきなどで情報を収集しています。

 


スポーツカード専門店でカードを買うことにはまだまだ熱中していますが、アメリカにサインのリクエストを送るのも一段落し、このブログを通してスポーツカード収集を初めてするという方のお役立てればと思っています。

 

 

まだまだ僕も学ぶことが多いのですが、このブログでは日本のコレクターそして外国の方とも情報を交換しながら好きなメジャーリーガーのサイン収集方法をお伝えしています。

 

 

 

少しでもサイン収集をなさっている方、これからなさりたい方の役に立つブログとして発展させたいと思っていますので決してここで知った情報は悪用しないでください。

 

 

どういうことかと言うと・・・

 

 

Twitterなどでつぶやかれている情報の中に残念なコレクターさんが少なからずいるからです。

 

 

僕らがこの趣味を続けられるのは、礼儀やマナーを重んじたMLBファン、プロ野球ファン皆さんにかかっています。

 

 

 

選手に気持ち良くサインをしていただけるのみならず、スポーツカードをコレクションしている仲間が嫌な思いや悲しい思いをしないようご協力のほどよろしくお願いします。

 

また、

 

少数の人によるサインの転売行為によってカードへサインすることを断るスポーツ選手に何人かお会いしたことがあります。

 

 

それはカード文化が日本に完全には根付いてないことと、好きな選手のカードにサインをもらえなかったという悔しさが交わってとても悲しかったです。

 

 

僕はもしかしたら無い物ねだりかもしれません、自分の物欲を叶えたいだけかもしれませんがそういうのって自分の文化を否定されているようで残念です。

 

 

どうか、みんなが楽しめる趣味であることを望みます。

のびいろのプロフィール

僕は、日本在住、MLBプレーヤーのサインカードコレクターの「のびいろ」です。

 

みなさんは子供の頃に、仮面ライダーカードやビックリマンのシール、キン肉マン消しゴムなどを集めた経験がないでしょうか?

 

 

僕も子供の頃にカルビーのプロ野球チップスについていたプロ野球カードを集めていましたが、その後は引越しや何処かへ置き忘れて、カードの存在など忘れていました。

 

 

1990年前後、外国かぶれしていた僕はメジャーリーグの楽しさに触れ、雑誌などで知ったスポーツカード店からMLBの野球カード(シングルカード)をちょこちょこ買っては部屋に飾ったりして独り楽しんでおりました。

 

 

特に70年代以前のビンテージベースボールカードが好きでそのデザインと四角いカードの中の芸術性に惚れこんでいたんです。

 

1991年、外国のベースボールカード文化に追いつけとばかりに日本でも「ベースボールマガジン社」から日本プロ野球カードが発売され、日本でもトレーディングカードの人気に火がつきました。

 


1995年には「野茂英雄さん」がアメリカの渡りメジャーリーグが日本でも身近になったことと、アメリカでNBAのスーパースター「マイケル・ジョーダン」が世界的に人気だったことでスポーツカードの人気や価値が爆発的に盛り上がりました。

 

 

僕もマイケル・ジョーダンのグッズは人には負けないくらいの勢いで集め、会社の給料は全てカードかマイケルジョーダングッズに化けていたくらいです。

 

マイケル・ジョーダンモデルのシューズ(AIR JORDAN)を集める人はいましたが、僕はサイン入りの雑誌や、カード、本物そっくりに作られたジャージまで購入しました。ww

 

 

しかし、そんなにマイケル・ジョーダンにハマったにもかかわらず、僕が本当に欲しいのはメジャーリーガーのサインだったのです。

 

 

トレーディングカードの普及でたくさんのコレクターさんとも知り合い、MLBカードを持って来日するメジャーリーガーにサインをもらいに行くほどになりました。

 

 

今でこそ、パックから直筆のサインカードが出現したり、それが売られたり交換の対象になっていますが、当時は直筆のサインをもらうのは大変でした。

 

 

2000年代に入るとネットの普及で手紙で好きなメジャーリーガーにサインカードを送り、返信用切手の入った封筒で送り返してもらうというやり方を学びました。

 

 

アメリカでは普通になっていましたが、日本からやっている人は少なかったです。

 

 

その中にはわざわざ手紙まで同封してくれる選手もいました。

 

 

それでも僕はコツコツとアメリカに手紙を送り続け、サインを入れて返信してくださったメジャーリーガーの数は200人を超えたのでした。

 

 

そして幸運にもSNSを通してメジャーリーガーの親族を持つ有名人と知り合うこともできたのです。
SNSで有名人(海外ミュージシャン)にフォローされた話!野球カードがつないでくれた不思議な縁!
こんにちは「スポーツカードを100倍楽しむ方法!」運営者の「のびいろ」です!本日もスポーツカードに関する情報を発信していきます。今回は、僕がSNS(インスタグラム)で有名人からフォローされた話について書きました。インスタグラムで有名...
 

これからの僕の想い(まとめ)

僕は90年代からサインカードを集めてきましたが、将来もっとスポーツカード文化は発展すると思っています。

 

 

長年のコレクター生活を生かし、スポーツカードコレクターの裾野を広げ、もっとカード愛好家が選手のサインを気軽にもらえるようになったらいいと思います。

 

 

綺麗事ですが、野球界だけでなく、好きなスポーツ選手がいたらファンにその選手のサインが届くようこのブログで発信し続けたいと思います。

 

また、

 

スポーツカードのコレクター初心者のために入手方法やコレクションしていく上での疑問などについてもこのブログでは取り上げて解決していきたいと思っております。

 

それではみなさん、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今後もこのブログをよろしくお願いいたします。(m。_。)mペコリ

タイトルとURLをコピーしました